スクリーンで映画を見よう!!映画センターのホームページへようこそ  

ほとんどの方は、映画は劇場やホールへ見に行くものだとお考えではないでしょうか??いえいえ、やる気があれば、身近な所で言えば気の合う仲間とでも上映会を行うことができるんですよ(→『自主上映について』参照)!

 

学校や公民館、地域のホールなど、「映画館以外のスクリーンで映画を観る」機会がありますよね、映画館での上映を「劇場上映」映画館ではない場所での上映を「非劇場上映」と言いますが、その「非劇場上映」を手掛けているのが各地で活動する映画センター〟なのです。〝映画センター〟は、学校や行政、地域の映画サークルと連動し、ときには市民の皆さん・地域のお母さんたちと協力して、熱気のある上映会を開催しています。

 

自分達で映画を上映したいけどやり方が分からない、自分達の街でも大画面のスクリーンで映画を観たい、と少しでも思った時には、ぜひ最寄りの映画センター(→『全国各地の映画センター』参照)までお気軽にご相談下さい。初めは、何をすれば良いのか、何が必要なのか、費用はどのくらい?など、疑問だらけだと思いますが、映画センターは「映画を皆で観たい」と思った人と一緒にその実現に向けてお手伝いをしています。勉強会や研修会、教育の場など、映画は様々なシーンで、皆で理解を深めたり共有したりする糧となっています。さあ!あなたの街や学校から上映会を行ってみましょう!

  

~映画センターは、教育問題から人権・平和問題などの現代の課題を表現した良質の映画の普及、国民が求める映画制作・上映などに応えようと1972年に自主上映のネットワークとして誕生しました~ 

『無念』浪江町消防団物語      ●アニメーション自主上映会開催のお願い●

原発事故により、命があることを知りながら救助活動を中断し避難せざるをえなかった浪江町消防団。福島の浪江まち物語つたえ隊と広島のまち物語制作委員会が、その時の様子・心情を伝えるため制作していたのが、このアニメーション映画「無念」です。

自然災害では起こりえない原発事故ならではのまち物語、あなたの知らない東日本大震災がそこにあります。

防災教育だけでなく人権教育などにも役立つ内容となっていますので、是非、皆様のお力で上映会を開いて頂きますようお願い申し上げます。

■公式ホームページ

●自主上映会のお問合せやお申込みは、全国各地の映画センターまで●

 

『サクラ花 ―桜花最期の特攻― 』戦争 日本 若者たち― もう、戻れない。

1945年―僕らに羽ばたく空などなかった。

第二次大戦末期、ひとつの兵器が生み出された。

おびただしい若者達の命を奪った兵器「桜花(おうか)」。

プロペラも車輪もない。敵艦に向かって突撃するだけの小型特攻機。一度乗れば二度と生きて戻れず“人間爆弾”と呼ばれた。彼らには、想像を絶する過酷な運命が待っているのだった・・・。

自主上映会のお問合せやお申込みは、全国各地の映画センターまで

『アオギリにたくして』 時を超えて伝えたい愛がある

広島平和記念公園にある被爆アオギリの木の下で、たくさんの人々に被爆体験を語り継いできた沼田鈴子さんをモデルにした映画。原爆により足を失い、絶望の淵に何度も立たされながら、やがて彼女は平和の語り部として生きていく決意をし、被爆したアオギリの苗を全国各地で植樹する活動を続けた。

『ペコロスの母に会いに行く』 愛おしくて、ホロリ切ない 僕らの毎日

“ボケるとも、悪か事ばかりじゃなかかもしれん”

だいじょうぶ。なにかと不安もおありでしょうが、笑いと愛をおとどけします。

 

原作は、長崎在住の漫画家・岡野雄一のエッセイ漫画『ペコロスの母に会いに行く』。深刻な社会問題として語られがちな介護や認知症。でも、主人公のゆういちはこう言います。“ボケるとも、悪か事ばかりじゃなかかもしれん”そんな自身の体験を元に描かれた認知症の母との何気ない日常が、多くの共感と感動を呼び、ベストセラーに!そして、ここにまったく新しい介護喜劇映画が誕生しました!!

 

 

映画『ペコロスの母に会いに行く』の上映会をしてみませんか。

認知症への理解を深める為に、研修会の一環としてや、純粋に作品を楽しんでいただく為に地域のイベントの一環に、など。方法や費用など、特に初めての方には疑問だらけだと思いますが、「上映会をしてみたいがどうしたら良いですか?」「いくらぐらいかかりますか?」など、お気軽にお問合せ下さい。お待ちしております!問合せ窓口は全国各地の映画センターのカテゴリをご参照下さい。

 

●●取り扱い作品一覧●●

★★各作品の詳細はコチラ ★★

 

※著作権者の許可無く、DVDやブルーレイディスクなどを使って上映することは、
著作権侵害の恐れがあります。
上映会などをする際は、映画センターを含め、
映画配給会社にお問い合わせ下さい。